street diary    
Aug 2018 9月 2018 Oct 2018
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
Home
mixi
カテゴリー
General [8]
リーセント
一年が過ぎ
安心と幸せ
なつかしさ
撮り続けること
「ストーリー」
彼女達の引越し
写真と人
スタート
アーカイブ
12月 2008[1]
8月 2008[1]
9月 2007[1]
5月 2007[1]
4月 2007[4]
検索
09 May 2007 08:30:58 am
「ストーリー」
写真にとって「ストーリー」とは?

物語のある写真を撮っていきたい。ただ撮った写真はつまらない。見つけました写真も。
写真を見てもらうことには、少しの勇気が必要で「かっこいい写真」を持っていければいいのだけれど。

先週、尊敬するある先生に、上がったばかりのコンタクトシートを見ていただいた。
先々週に「撮ってるの」って聞かれて、現状報告しようと思って。

コンタクトシートを見た先生は、ライティングや背景の落とし方のことを話してくれた。

今週、何枚か伸ばしたのをファイルに挟んであったのをたまたま先生が見つけ、見てくれた。

「その写真のこと考えていたんだよ」って。

考えてくれていたんだ、ありがたいです。ほんとに。

以前も、こんな事がありました。ある日、写真を見てくださいとお願いをした。後で見るよと返事をくれました。
そもそも、イレギュラーなお願いです。その日は、見てもらうことが出来なかったです。
帰り際に、声をかけることも出来ませんでした。少し凹んで大きなファイルを持って満員電車で帰路へ。
次にお会いした時に、先生から「この前の写真みせてよ」と言ってくれました。その日ファイルを持っていこうかどうか正直迷っていました。でも僕らは、常に用意をしていなければチャンスは逃げてしまいます。

今週も先生が「やっぱりストーリーだね」って話してくれました。ありがたいです。

カテゴリー : General | Posted By : boss |
Powered by myBloggie 2.1.4